店長日記

この仕事を始めて約32年、このところ指導の仕事も増えてきた、サークルや同好会、行政関係と4箇所に出向いている、古い所は10年を越えているので、実益を兼ね始めた人も出て来ています。
最近は在庫の無いものが多いですが、注文を優先で作成していますので、在庫のアップを待つよりは電話やメールで注文して頂いた方が早いです、又、細かい注文にも応じますので気楽にお問い合わせ下さい。

店長日記はこちら >>


竹職人が作るあなただけのオリジナルグッズ
HOME»  店長日記»  MANOオカリナ»  でか!オカリナを作る Ⅱ

でか!オカリナを作る Ⅱ

でか!オカリナを作る Ⅱ

          

7月28日 

乾燥が終えて包帯をはずします、割れてなければ良いんですが、

 
 
 

      

大きな割れは無かったのですが、やっぱり少しの割れは入ってました、この後焼きに入りますがこれ以上割れが進まなければ、焼き終わってから割れの入った所に接着剤を流しこむだけでOK!です。

      

何箇所か割れが入りましたが、これ以上大きな割れにならない事を祈りつつ次の作業に移ります。

焼いてからも磨きますが、感想した時点でも磨いておくと後が楽になります、ただ、削った粉末が舞うので気をつけないと、、、焼いてからは水につけながら削るので粉末が舞う事は無いです。

      

空きスペースが沢山ありますけど、他に焼くのが無いし早く、でか!オカリナを仕上げたいので、もったいないけど焼いちゃいます。

ちなみに手前にある小さなオカリナはアルトE管です、大きさ的には良く使われるサイズのオカリナです。

         7月29日

今日は焼きに入ります。

      

左、点火したところです、この後2~3分火の様子を見て安定したら窯の蓋を閉めます。

右、900度弱まで上げて火をとめた直後の窯内の色です、オカリナもこの色になってます、明日窯から出しますが割れてませんように。

 

          7月30日

窯から出してみたら、、、、、、、、がっかり

先端がぱっくりと開いてしまっていました、焼く前に割れてたところは進行してなかったんですけど、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が、しかしこれで簡単に落ち込む作者ではないのだーーー。開いた所に接着剤を流し込んで塞いでしまえばいいのである。

      

隙間を埋めたら、水研ぎして乾燥後に塗装すれば完成!。

完成後の色艶のイメージはこんな感じです、このあと吹いてみたら ん~~いいですねーー、11穴使って一オクターブしか出ないので運指は他のオカリナとはかなり違いますが、指全開で強く吹いたら迫力の重低音なかなかGOOD!!でしたピッチもGOOD。注文主の所には行けないですが、作者のマイオカリナになるでしょう。

ちなみにプラ桶の直径は41cmです。

又近いうちにでか!オカリナに挑戦です、注文主の所に行けるようなやつを作らなくては、、、。

カスタム検索

 

 

 

2008-07-31 00:13:00

MANOオカリナ   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.kagoyasan.com/app/TrackBack/receivetb/SID/s1602255/EID/313

トラックバック記事一覧