店長日記

この仕事を始めて約32年、このところ指導の仕事も増えてきた、サークルや同好会、行政関係と4箇所に出向いている、古い所は10年を越えているので、実益を兼ね始めた人も出て来ています。
最近は在庫の無いものが多いですが、注文を優先で作成していますので、在庫のアップを待つよりは電話やメールで注文して頂いた方が早いです、又、細かい注文にも応じますので気楽にお問い合わせ下さい。

店長日記はこちら >>


竹職人が作るあなただけのオリジナルグッズ
HOME»  店長日記»  MANOオカリナ»  MANOオカリナの歴史、 ?

MANOオカリナの歴史、 ?

MANOオカリナの歴史、 ?

作り始めた頃のオカリナがあったので紹介します。

下のオカリナで5~!0個目くらいです、さすがにそれまでは音が出なかったので壊しています、この頃は曲が吹けたわけではないので、音が出ただけで嬉しかったですよ、焼く温度も分からなかったので本焼き(1230℃)しちゃっています、おもちゃのオカリナを見本にしてますので指穴も適当なのが分かります。                                        

上のオカリナでも20個目以内だと思います、ある程度作ることになれた頃に、笠間でオカリナを作っている所があるのを思い出し見に(買いに)行きました、(この頃で陶芸暦10年以上ありますので、益子や笠間にはよく行ってました)オカリナで笠間といえば、そう、平本さんです、今のオカリナを見れば平本さんに影響を受けてるのが分かると思います。

 

平本さんのオカリナに出会ってからのオカリナです、この頃は曲も多少は吹けるようになってました、作り始めてから4~5ヶ月目くらいです。作ることに慣れるといろんな形に挑戦してみたくなるもので、

 

こんな形(イルカですけど)を作ったりするようになり、作ることの楽しさがより増す様になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

形のアイデアも浮かび、、、

    かつお節じゃないですよ、これでもオカリナのつもりです、吹きにくくは無いのですが音の出は良くないです。

オカリナ作りを始めて3年目に入る頃、バンド活動をしている知り合いに、音合わせはどうしてるの?と聞かれ、え?音合わせって、一応買ってきたオカリナに音を合わせてるけど、て言うと、ギターなんかの音合わせにチューナーを使うけどオカリナも使った方がいいんじゃない?と言われ、ちょっと価格が心配だったけど、3000円くらいから有るよというので早速購入しました、それで合わせてみると、うーん、、、チョッと音痴かな?チューナーを使う前までは結構いい感じだと思ってたんですけどね、その後チューナーを使ってオカリナを作って吹いてみると、おおなかなかいい感じ、で、今までのを吹いてみると、どれも気に入らなくなってしまい、結局ほとんどが破棄と言う結果に、15リッターバケツに一杯のオカリナの破片が、この破片どう生かされるか?

一部はブロックになって待機はしているものの,ほとんどがいまだバケツの中。今でもたまにはバケツの中に行くオカリナも、バケツの中で山盛りになってます。

 

チューナーを使うようになって、今でこそいいオカリナが出来るようになってきましたが、使い始めた頃のオカリナを吹くと、やっぱり気に入らないオカリナが、うーん、でもチューナーを使い始めてからのオカリナはバケツの中じゃなく、練習用に貸し出したり、団体には寄付したり、少しのお金を頂いたり、ちゃんと活用されています。しかしその中にも今のオカリナより良い音じゃないか?と思うようなのもあり、オカリナ作りの難しさを感じます。

オカリナ ノーマル2色M     その後2色の粘土を混ぜるようになり、多色になり、形も2種類になり、7Cの高音部が良く出るようになったら、どこまで大きく作れるかやってみたくなり、、、

下から右3個が7C , 上の左5個が3F、中央がでかオカリナ10C,

10Cまで作ってしまいました、この前には8Gくらいのを挑戦してみましたが、やっぱりと言うべきか割れてしまいました、又同じ大きさを作るのも悔しいので、もっと大きくして作ってみたら成功して9Fのオカリナに、そしてもっと大きくと思って作ったのが写真中央の、10C(誰が言ったか通称“でかオカリナ”)ここまで作ると結構満足感があり、これ以上の大きさは今の所作る気力が失せています。そんなとき今度はどこまで小さく出来るかに興味がわき、写真右側の紐のついたオカリナ、ピッコロのGとFです

上のオカリナで、ピッコロCですからどれだけ小さいかわかると思います、ただ小さいだけだったらもっと小さく出来ますが、小さいだけでも面白くないので、ピッチを合わせててちゃんと吹くことが出来るそれも大人でも、それで出来たのがピッコロのGとFです、2つのオカリナサークルではちょっとしたブームです。

さー、今度はどんなオカリナを作ろうかな?

 

 

 

 

 

これからもいい音、いい形を気にしながら作っていきますので応援してください、よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

2007-11-06 23:58:00

MANOオカリナ   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.kagoyasan.com/app/TrackBack/receivetb/SID/s1602255/EID/315

トラックバック記事一覧