店長日記

この仕事を始めて約32年、このところ指導の仕事も増えてきた、サークルや同好会、行政関係と4箇所に出向いている、古い所は10年を越えているので、実益を兼ね始めた人も出て来ています。
最近は在庫の無いものが多いですが、注文を優先で作成していますので、在庫のアップを待つよりは電話やメールで注文して頂いた方が早いです、又、細かい注文にも応じますので気楽にお問い合わせ下さい。

店長日記はこちら >>


竹職人が作るあなただけのオリジナルグッズ
HOME»  店長日記»  MANOオカリナ»  オカリナを焼く

オカリナを焼く

オカリナを焼く

オカリナを焼く場合、何度で焼くかが問題になると思いますが、高すぎなければ問題ないというのが私の考えです。温度の低い場合、たとえば水に浸しっぱなしでも粘土に戻らない温度、450℃前後でしょうか?、この温度でも大丈夫でしょう、極端な話焼いていなくても3曲位は吹いても問題ないし。、実際焼かないオカリナの音が好きで焼かないという声も聞いたことがあります。もし落として壊れた場合、又粘土に戻して作り直せばいいし、、、。逆に温度が高い場合、例えば普通の陶芸での温度で焼くと、1230~1250℃位ですがこの温度で焼くと、1曲目の2番くらいで音の出が悪くなります、何故か?ここまで焼き締めると水分を吸収しなくなってしまいます,つまり息の中の水分が寄せ集まって途中で詰まってしまい、空気のとおりを悪くしてしまうからです、これらのことを考えるとどんなに高くても1000℃は超えない方が良いと思われます 、ちなみにMANOオカリナは850~900℃で焼いています、とりあえず途中で音の出が悪くなったという声は耳に入ってきていません。

何時になるか分かりませんが、窯入れの写真をとったらここに追加します。

2007-10-16 22:40:00

MANOオカリナ   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.kagoyasan.com/app/TrackBack/receivetb/SID/s1602255/EID/316

トラックバック記事一覧