店長日記

この仕事を始めて約32年、このところ指導の仕事も増えてきた、サークルや同好会、行政関係と4箇所に出向いている、古い所は10年を越えているので、実益を兼ね始めた人も出て来ています。
最近は在庫の無いものが多いですが、注文を優先で作成していますので、在庫のアップを待つよりは電話やメールで注文して頂いた方が早いです、又、細かい注文にも応じますので気楽にお問い合わせ下さい。

店長日記はこちら >>


竹職人が作るあなただけのオリジナルグッズ
HOME»  店長日記»  MANOオカリナ»  オカリナを作る 1日目の続き

オカリナを作る 1日目の続き

オカリナを作る 1日目の続き

仕上がったときのイメージです。                     へらを差し込んだときに、エッジの先端にぶつかる様にイメージしながら、ゆっくりと差し込んでいきます。 

この時にはエッジが出来ている訳ではないので、この位置にぴったりと差し込めるようになるには、かなりの数を作らないと難しいです。若干のずれは修正できるので、思い切って差し込んでください。 

 

  へらの右脇に 若干の隙間がありますが、この隙間は無いほうが透き通った音になります 。(へらの幅=歌口の径と考えた方が良いようです。) 

間野オカリナのへらの幅  (2G) :元 10mm  先端 7mm     厚み :元 3mm  先端 1mm  

へらの幅が広く、厚くなると、指穴が大きくなったり、使う息の量が多くなったりします、又音の感じも変わってきますので、自分にあった幅、厚みを探して下さい。(ちなみに間野オカリナは、他のオカリナと比べて若干大きめです。)

2007-10-04 21:49:00

MANOオカリナ   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.kagoyasan.com/app/TrackBack/receivetb/SID/s1602255/EID/318

トラックバック記事一覧